闇金対策ガルガル

闇金相談

*

犯罪である闇金からお金を借りてしまうと、法外な金利で返済額が膨れ上がり、すぐに窮地に陥ります。こういう場合、皆さんはどう対応しますか?

一番よくないのは自分だけで抱え込み、一人で闇金と交渉し、借金問題を解決しようとすることです。今回は闇金の相談先について、メリットとデメリットを記載の上でまとめてみましたので、ぜひ参考にして下さい。

闇金とは

闇金は法的に違法な貸付業務を行っていて、厳しい取り立てと法外な金利で知られています。

闇金は通常合法な貸金業者からは借金をすることができない、多重債務を抱えている人を狙って、お金を貸し付けます。

一度お金を借りてしまうといくら借りたお金を返済しても、金利が異常に高いのでいつまで経っても借金を完済することができません。

そしてどんどん取り立てが厳しくなってくるので強い恐怖を感じるようになり、返済義務のないようなお金まで返済するようになってしまいます。

こういった違法業者の取り立ては、通常は電話で行なわれるのですが、取り立てがエスカレートすると、徐々に嫌がらせのような行動も増えていきます。

例えば自分の働いている職場に頻繁に電話がかかってきたり、実際に職場までやってきて、直接借金の取り立てを行なうケースもあります。また家族や親戚などにも取り立てを行い、脅迫まがいの嫌がらせを繰り返すケースも増加しています。その他にも自宅に対して嫌がらせをされたり、恐怖を煽るような郵便物が送られてくることもあります。

基本的に違法業者のやっていることはすべて犯罪で、逮捕される事案なのですが、お金を借りた方としては、借金をしているというとても強い罪悪感から、きちんとした行動を取れないことが多いです。また違法業者からうまい言葉で騙されていて、犯罪ではないと信じてしまっているケースもあります。

一度闇金を利用すると、1つの業者だけではなく、複数の業者がお金を貸し付けてくる場合が多いです。

とくに借金の額が多いケースだと、債務者は常にお金のない状態なので、違法な貸付に対してもついつい利用してしまう状態になっています。

そのため違法業者では、多重債務者のリストを共有している場合が多く、金策に困った被害者に対して違法にお金を貸し付けるなどして、次々にお金を巻き上げています。

被害者としては常常にお金に困っている状態なので、まともな思考能力がなく、その状態に付け込まれているので、なかなか借金苦から抜け出すことができません。違法業者はお金のない状態の被害者には、様々な手段を使ってお金を巻き上げます。

実際にクレジットカードを何枚も違法に作らせたり、ケータイ電話をいくつも契約させて、それらを犯罪者集団に売りさばいたりしたケースも報告されています。その他にも生活保護費を違法に受け取らせたりするなど、犯罪に巻き込まれてしまうことも少なくないので、違法業者からお金を借りることは大変危険です。

違法な闇金業者にお金を借りてしまい、執拗な嫌がらせや取り立て行為に悩んでいる場合は、可能な限り早く闇金問題に取り組んでいる弁護士事務所に相談しましょう。

違法な業者の問題に取り組んでいる弁護士事務所や司法書士事務所では、被害者の状況をきちんと把握するために、時間をかけて聞き取り作業を実施して、法律的にきちんと問題を確認します。

そしてしっかりと被害者の身の安全を図るために、色々とアドバイスも授けています。違法業者にお金を借りてしまうと、プライベートな個人情報などもほとんどが業者に知られているので、きちんと専門的なアドバイスを受けることが大切です。

基本的に違法業者に対応する弁護士事務所や司法書士事務所では、豊富な経験と実績があるので、適切な対応策を伝授することできます。

きちんと状況を把握して、被害者の身の安全を確保したら、いよいよ違法業者との交渉になります。

違法業者に対してはもともとお金をいくら借りても一切返済する義務はありません。そのため仮に一円でも返済をした場合には、取り立てを止めるだけではなく、返済したお金を取り戻すことができます。

もちろん状況によって返済されるケースとされないケースがあるのですが、交渉の上手い弁護士の場合には、きちんと返済交渉も根気よくやってくれます。また犯罪性が高い違法業者に対応する際には、警察と連携して対応を進めることもあります。

返金交渉に関しては、交渉としては長くなることが多く、様々なタイプの交渉を駆使することになります。

ですが違法業者に対応する弁護士たちは、交渉のプロなので大抵の場合は、違法業者側があきらめることが多いです。

多重債務者はお金がない状態の方が多く、そのため司法書士事務所などを利用することをためらう方もいますが、多重債務問題に対応する司法書士事務所では、返済金が支払われるまでは無料で対応している場合が多いので、安心して司法書士事務所に相談することができます。

基本的に違法業者は司法書士などを相手にすると不利な状況になるので、司法書士などが対応した時点で取り立てや嫌がらせを即刻取りやめることが多いです。

また司法書士などが対応した後も取り立てが続くケースでも、長い時間をかけて交渉をすれば、必ず違法業者側があきらめるので、多重債務の問題を抱えていて、違法業者にお金を借りてしまった方は、できるだけ早くに弁護士事務所に相談すると良いでしょう。

 

 

警察に相談するメリットとデメリット

(メリット)

警察に相談するメリットは何と言っても、「闇金が警察を嫌がる」ということです。闇金は自分たちが違法行為をしていることを認識していますので、債務者が警察に行って、相談すること自体を大変警戒しています。

また、闇金のことを他の機関に相談すると、料金が発生することがほとんどですが、警察の場合は、24時間いつ行ってもお金がかかりません。債務問題を抱えている方にとって、これは大きなメリットと言えます。

(デメリット)

警察に相談する最大のデメリットは、「民事不介入」を理由に闇金問題に対応してくれない可能性があることです。闇金の多くは、違法貸出を行っている証拠を残さないよう、口頭で金利や返済期日などを伝え、借用書を作りません。

闇金とのやり取りを録音しておき、メモにまとめて被害届を出すことも出来ますが、それでいきなり逮捕まではつながりにくいのです。警察は被害届を受け取ったら、所管の生活安全課から闇金に連絡をすることになります。

最近は090金融のように店舗を持たない闇金も多いため、警察は闇金の携帯電話に連絡をします。闇金は知らない番号には応答しないため、生活安全課の担当者は留守電にメッセージを残します。

闇金は警察からの留守電メッセージを聞きますが、自分から出頭するようなことはせず、生活安全課もこれ以上の行動を取らない場合がほとんどです。債務者が警察に被害届けを出すと、当然ながら闇金は警戒します。ただ、悪質な闇金の場合、債務者への嫌がらせがひどくなることもあります。

法テラスに相談するメリットとデメリット

(メリット)

法テラスは、「聞いたことはあるが、使ったことはない」という方が多いのではないでしょうか。法テラスは、「日本司法支援センター」のことで、国が運営母体となった法律相談の総合窓口です。

法テラスは経済的に困窮している人向けのサービスですので、立替払い制度があり、分割で弁護士費用を支払うことができます。これは、手元資金が少ない人にとって、大きなメリットになります。

また、法テラスの弁護士報酬は低めに設定されているため、外部弁護士に直接依頼する場合よりも、支払い総額が低額ですむことが多いです。

(デメリット)

法テラスのデメリットは、担当になる弁護士を選べないことです。法テラスの相談料(費用)は3回まで無料になっていますが、その間で闇金問題を得意とする弁護士にあたるかどうかは運次第になります。

相談者と性格が合わない弁護士に当たってしまう可能性もあり、「闇金問題は初めて」という弁護士が担当になってしまうと、問題解決までに時間がかかることもあります。

また、法テラスは国の機関ですので、民間機関に比べると対応が遅くなりがちです。法テラスに相談を申し込んでも、2週間近く待たされることもあり、スピードを重視したい人にとってはデメリットになります。

NPO法人に相談するメリットとデメリット

(メリット)

最近は、闇金被害に苦しむ人を支援するためのNPO法人が、全国で設立されています。闇金の取り立てや嫌がらせに悩む人の相談に乗ったり、弁護士などを紹介したりして、債務整理のサポートを行っています。

これらのNPO法人のスタッフの中には、かつて多重債務者だった人や闇金の取り立てに苦しんだ人が多数おり、相談に訪れる人と同じ目線で話を聞いてくれるメリットがあります。

また、これらのNPO法人は、債務整理の専門家とのネットワークが地元で構築されているケースが多く、相談者が抱えている問題に応じて、その分野のスペシャリストを紹介してくれます。

(デメリット)

闇金問題解決のため、真面目に活動しているNPO法人が多いですが、中には悪徳業者がバックについていたり、問題のある弁護士を紹介するNPO法人もあります。

インターネットの口コミなどで、悪徳NPO法人であるかどうかの確認をすることはできますが、実際のところは相談してみなければ分からないことがあり、この点はデメリットと言えます。

また、NPO法人から紹介された弁護士などの専門家のやり方が、自分と合わない場合でも断りにくいというデメリットもあります。

司法書士に相談する

(メリット)

司法書士は法律の専門家であり、闇金問題を得意とする司法書士も多く、相談から解決までをスムーズに進めてくれます。インターネットで情報提供している司法書士も多いため、口コミなどを確認し、自分に合いそうな司法書士を選んで相談に行けるというメリットがあります。

また、司法書士に頼む方が、弁護士よりも費用を抑えられることが多く、「法律の専門家に直接頼みたいが、手元資金が少ない」という人にはメリットになります。

(デメリット)

司法書士が扱うことのできる借金問題の金額には制限があり、140万円以下の案件しか取り扱うことができません。

闇金からの借金が膨大になっている場合、司法書士は手に負えなくなりますので、この点はデメリットになります。

また、弁護士に比べ、司法書士は闇金業者への抑止力効果という点で見劣りする部分があります。弁護士が出てきたら、すぐに取り立てを止める闇金がいますが、司法書士の場合、そこまでの抑止力が効かない闇金も存在します。

女性専用の闇金相談窓口に相談する

(メリット)

最近は、闇金問題を抱える女性向けの相談先もあります。24時間365日フリーダイヤルで無料相談を受け付けている機関もあり、メールの相談も可能になっています。

女性向けの相談先では、女性スタッフが対応してくれるケースがほとんどですので、女性にしか分からない問題や悩みにも丁寧に対応してくれるメリットがあります。

また、女性が抱える闇金問題に精通した弁護士や司法書士を紹介してくれますので、家庭問題などのデリケートな部分をきちんとケアした上で、最後まで面倒を見てくれることもメリットと言えます。

(デメリット)

女性向けの闇金問題相談先はありますが、数がそれほど多くなく、選択肢の少なさはデメリットになります。

また、これらの相談先には特定の弁護士や司法書士がバックにいることがほとんどで、相性の悪い専門家に当たってしまうと、断りにくいというデメリットがあります。

弁護士に相談する

(メリット)

弁護士に相談する、はやはり最強の手段なので、ほぼメリットしかありません。

弁護士に相談する最大のメリットは、闇金に対する抑止力効果です。司法書士に相談しても取り立てや嫌がらせを止めなかった闇金が、弁護士の介入と同時に連絡をしてこなくなるケースはよくあります。

また、司法書士と違い、弁護士には借金額の扱い限度額などありませんし、すべての法律業務を制限なく行ってくれます。

法テラスなどで紹介してもらう弁護士は、闇金を得意としない場合があることは前述しました。直接外部弁護士に相談することで、自分にあった闇金問題のエキスパートを見つけることができます。

(デメリット)

闇金に対する弁護士の介入効果は絶大ですが、その分、司法書士によりも費用が高めに設定されています。闇金問題を抱える人は、経済的に困窮している場合が多いため、弁護士への相談は、コストが高めであることが最大のデメリットになります。

 

 

闇金の相談先について、メリット、デメリットについて説明しましたが、人それぞれ抱えている問題は異なります。

各機関によって、かかる費用や解決までに必要な時間などが違いますので、自分が置かれた状況に応じ、最適な相談先を見つけることが大切です。

多くの機関で初回無料相談を行っていますので、早めに自分に合った専門家を見つけ、サポートを受けながら闇金問題を解決しましょう。

闇金対策を専門にしている弁護士・司法書士

闇金問題に強い弁護士 Duel法律事務所

Duel法律事務所

 闇金問題で悩んでいる人は、ここに相談すれば間違えなしです。

リンク先の公式ページを見てもらえばわかると思いますが、闇金のことを知り尽くしてます。

困っている人は絶対に、このDuel法律事務所を頼りましょう。

ウイズユー司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所

 ウイズユー司法書士事務所は、闇金対策を得意とする司法書士さんです。

大阪に事務所があるので、関西方面のひとは、ぜひ頼ってみましょう。

地元の事情に精通しているので、すぐに有効な手段を立ててくれます。

Copyright© 闇金相談 , 2017 AllRights Reserved.