闇金対策ガルガル

闇金相談

未分類

闇金は完済できるのか。なかなか縁が切れないのが闇金です

投稿日:

闇金と取引しても、期日通りに完済すれば問題ないと思っている方はいませんか?期日に返済するつもりで闇金に連絡しても、電話を取らず、翌日連絡してきて、「延滞だ!金利を倍にして返せ!」と脅してくることもあります。

こういう闇金に関わってしまうと、自分の力だけで完済するのが難しくなります。なかなか縁が切れない闇金が、いかに恐ろしいかということをお伝えします。

闇金の完済は難しい

以前は、事務所を構えて堂々と違法貸出を行っていた闇金が多かったのですが、最近は携帯電話だけで取引をする闇金である「090金融」が増えています。

最近は数が少なくなりましたが、店舗のある闇金であれば、期日に返済するため、債務者が実際にそこを訪れてお金を返すということができます。ただ、返済期日に事務所を臨時休業にして、債務者に完済させない手の込んだ闇金もありますから、注意が必要です。

事務所を持たない090金融の場合、貸出や返済の時だけファミレスや喫茶店を使い対面で手続きしますが、それ以外は電話でやり取りするしかありません。

090金融の担当者に連絡しても、つながらないことが多く、返済日は特に電話に出なくなります。闇金としては、借金の元本を返済されると、その債務者から暴利をむさぼれなくなるため、完済させないよう、あの手この手を使ってくるのです。

闇金は、「ジャンプ」と称する利息だけを支払わせる取引を延々と続けようとします。「トサン(10日間で30%の金利)」や「トゴ(10日で50%の金利)」などの暴利を要求する闇金にとっては、ジャンプを続けてくれる債務者が一番おいしい相手なのです。

また、期日通りに借金を返そうとする債務者は、闇金にとって「手放したくない客」でもあります。夜逃げしたり、連絡してこない債務者がいる中で、真面目に借金を返そうとする客は手間がかからないため、取引を続けたいのです。

完済しても、認めてくれないトラブルが多い

やっとの思いで闇金からの借金を完済しても、その後でトラブルが発生することは多々あります。よくあるのは、完済後に闇金から電話がかかってきて、「以前の債務元本が1万円残っていた」などと嘘をまくしたて、完済した借金を蒸し返そうとする方法です。

これは、「カラ貸し」と呼ばれる闇金の手法ですが、だまされてしまう人が結構いるのです。闇金と取引する人は、多重債務者であることがほとんどで、どれだけの金をどこから借りているか把握できていない人が多いのです。

本来であれば、完済後の闇金からの電話など出なければよいのですが、繰り返し連絡があると、「何かあったのかな?」とか「まだ借金が残っていたのかな?」と勘違いしてしまい、応答してしまうことがあります。

一度電話に出てしまうと、闇金に再び苦しめられてしまいます。元債務者が「完済した」とどれだけ主張しても、闇金は聞く耳を持ちません。

闇金は、「債務が残っており、膨れ上がった利息が大変な額になっている。返すつもりがないなら、勤務先に取り立てにに行くぞ!」などという脅しをかけてきます。

完全なる違法行為ですが、このような不当要求に屈してしまう債務者がおり、闇金は完済してもトラブルが続発してしまうのです。

完済証明書とは

完済証明書とは、ローンや融資などをすべて返済したことを証明する書類です。消費者金融会社などの場合、借金を完済すれば、完済証明書を発行してくれるところが多いのですが、闇金はそのようなものは出しません。

借用書自体を作成せず、口頭で金利や返済期日などを伝える闇金が多いため、完済証明書などは出しようがないとも言えます。

書類にすると、債務者が警察や弁護士にそれを持ち込む可能性がありますので、闇金はそのことを恐れて、口頭ベースで取引に持ち込もうとします。

「完済証明書を出すから」といって、振り込みを迫るケースもある

書類を作成しようとしない闇金が多い中、「完済証明書を出すから、今日中に振り込みをして欲しい」と迫ってくるケースがあります。

第三者から見ると、「振り込め詐欺」以外の何物でもないのですが、闇金の債務者は精神的に不安定になっていることが多いですから、「今日中に振り込まないと完済できない」と思い込み、振り込んでしまうことがあるのです。

しかも、振り込み先の口座名義が、闇金の担当者とは違う個人になっていることが多いのです。これは、多重債務者やホームレスの人たちに銀行口座を作らせて、闇金が買い取ったものなのです。

完全に犯罪行為なのですが、「完済証明書を発行する」という言葉にのせられ、その銀行口座にお金を振り込んでしまったら最後です。

闇金は、「何のことですか?そもそも、どこに振り込んだんですか?私の名前と全然違う口座名義じゃないですか」と知らないふりをするだけで、完済証明書など発行されず、その後も延々と取り立てと嫌がらせが続くことになります。

完済した人はどれくらいいる?

闇金は、「完済したくてもできない仕組み」になっていますので、期日通りに完済できた人はあまりいません。消費者金融会社などと違って、闇金は10日後に返済期日を設定する場合が多いため、月に何度も返済日が来ます。

闇金は、10日間30%や50%の金利を要求してきますので、利払いだけで膨大になり、元本を返す余裕がなくなってしまうのです。また、債務者が元本を返済しようとすると、居留守を使おうとする闇金もあるため、利息だけを払い続ける悪循環に陥りやすいのです。

完済後も狙ってくる闇金の手口

なかなか完済させてくれない闇金ですが、運よく完済できた場合でも、その後、しつこく連絡してきます。勧誘の電話はもちろんですが、自宅や職場にダイレクトメールが送られてくることもあります。

当然、あやしげなダイレクトメールだったりしますので、家族や同僚などに見られてしまうと信用がガタ落ちになります。闇金に連絡して、再び借金をするまで、ダイレクトメールは送られてきます。

闇金からの借金は、家族などに内緒にしている場合がほとんどです。やっとの思いで闇金を完済したと思ったら、こういう嫌がらせが続くのです。

闇金と取引すると、家庭崩壊や失職につながる可能性が高いのは、彼らが暴利をむさぼるだけではなく、どこまでもしつこく取引を迫り、嫌がらせを続けてくるからなのです。

まとめ

闇金は完済が難しく、人生を崩壊させる可能性がある恐ろしいものであることがお分かり頂けたのではないでしょうか。闇金は犯罪であり、そこから借金すること自体が、違法行為の手助けをしていることを認識しましょう。

闇金への完済ができず困っていたら、弁護士などの専門家に早めに相談することが大切です。最初の相談は無料の機関も増えていますし、専門家に話をするだけで、精神的にも楽になります。

時間が経てば経つほど、闇金の嫌がらせはエスカレートしていきます。笑顔を取り戻すために、債務整理の専門家のサポートを受けましょう。

闇金対策を専門にしている弁護士・司法書士

闇金対策の専門家 Duel法律事務所

Duel法律事務所

 闇金問題で悩んでいる人は、ここに相談すれば間違えなしです。

リンク先の公式ページを見てもらえばわかると思いますが、闇金のことを知り尽くしてます。

困っている人は絶対に、このDuel法律事務所を頼りましょう。

ウイズユー司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所

 ウイズユー司法書士事務所は、闇金対策を得意とする司法書士さんです。

大阪に事務所があるので、関西方面のひとは、ぜひ頼ってみましょう。

地元の事情に精通しているので、すぐに有効な手段を立ててくれます。

-未分類

Copyright© 闇金相談 , 2017 AllRights Reserved.