闇金対策ガルガル

闇金相談

未分類

闇金と街金の違いについて

投稿日:

借金をしていて、返済が滞ってしまうと、ブラックリストに載ってしまい、他の業者で借り入れをすることが出来なくなってしまいます。
また、以前自己破産などの過去があると、銀行や大手消費者金融での借り入れは難しくなっていまいます。

しかし、どうしてもお金が必要になってしまった場合、借り入れをしたいという方もいます。そういった事情のある方でも、

借り入れをすることが出来るのが、「闇金」と「街金」です。

闇金と街金はイメージ的にも、混同されがちですが、実は大きな違いがあるといえるでしょう。

そこで、闇金と街金の違いについて、詳しく見ていきましょう。

街金と闇金の貸し方の違い

闇金と街金の大きな違いですが、どのような違いがあるのでしょうか。まず大きな違いとして、「合法な業者であるか違法な業者であるか」という違いがあるといえます。

まず、街金は、大手の消費者金融と違い、中小企業の消費者金融であるのが特徴です。

このため、取り扱っている金額やサービス内容に違いがあれど、大手の消費者金融と貸し方に関しては、それほど違いはありません。

ただ、消費者金融の中でも大手とは違い、審査が甘めであるという特徴があります。
たとえば、街金の場合には、ブラックリストに載っているような人で、大手の消費者金融で借り入れが出来ない人にも利用が可能となっています。

これはなぜかというと、同じ消費者金融であったとしても、同じ利用者をターゲットにしていては生き残れないからです。街金は大手の消費者金融で借り入れが出来ない人をターゲットにしているのです。
しかし、街金といっても、全てが合法な業者であるというわけではありません。中には、違法業者も存在しているので、注意をする必要があるといえるでしょう。

けれど、全ての街金が、問題があるようなところばかりではなく、闇金のように過度な取り立てがあるということはありません。このため、基本的には安心して利用をすることが出来るといえます。
しかし、街金は、大手の消費者金融とは違い、メディアに登場する機会も少なければ、CMなどで見かけることもほぼありません。

知名度が低い業者も多いですし、どこを選べばいいのか分からない面もあります。優良な街金を選ぶためには、比較をしてから選ぶ必要があるといえるでしょう。

またこれに対して、闇金は、違法な業者になります。

街金が合法な業者であるのに対し、闇金は完全に違法な業者であるため、その金利なども年利20%を超えるなどの年利であることが多いのです。

また、一般的な街金などの業者では、貸し付けが出来ないような条件でも貸し付けを行っているというのが闇金の特徴です。

闇金で借り入れをした場合には、法律で決められている金利より圧倒的に高いことが多いです。

また、闇金は、契約の段階でも違法であるというのが特徴ですが、その後の取り立ても違法であることが多いのです。たとえば、取り立てでは脅しを使ったり、嫌がらせをするケースも多いです。
取り立てで違法な手段をガンガン使ってくるので、精神的にやられてしまい、夜逃げをしてしまうという方も少なくありません。

最近では、闇金は、雑誌やインターネットといった媒体でも宣伝広告を出していることも多いです。また、電柱などにチラシが貼られていたりなど、借り主を常に募集していたりもします。このため、闇金と知らずに借り入れをしてしまうという人が圧倒的に多いのです。

また、闇金は、返済日にも完済をさせない手口を使うことが多いです。こちらが電話をしても、担当者が不在という具合に連絡をつかないようにし、そして利息を上乗せさせたりするのです。
また、闇金は、街金と違って、違法業者であるため、常に所在地や電話番号などが不確かであり、所在地を明かしていないことが多いです。

このように、街金と闇金とは、一緒にされがちですが、実は合法か違法かという点で、大きく異なるといえるでしょう。

サラ金と街金はどう違う?

街金と闇金と同様に、サラ金と街金も混同されがちです。

サラ金とは、元々サラリーマン金融を略した言葉となっています。これはなぜかというと、消費者金融は、元々サラリーマンが気軽に融資をしてもらうことが出来るように、作られた業者だからです。

今では、消費者金融という呼び方が一般的となり、あまり使われていませんが、以前までは消費者金融は全て「サラ金」と呼ばれてきました。

消費者金融というと、以前まであまりイメージが良くありませんでしたが、近年では、消費者がより安全にお金が借りることが出来るように、大手銀行と提携をするなど、クリーンなイメージになってきています。

これに対して、街金は、街角の金融業者や、街の小さな雑居ビルの金融業者を指します。

消費者金融を利用する場合には、大手の消費者金融を選びますが、こういった大手の消費者金融を利用できない方が利用するのがこういった小さな街角の「街金」なのです。

しかし、近年では、無人契約機やインターネットなどでも気軽に申し込みをすることが出来るようになり、直接事務所に申し込みをする必要がなくなっています。このため、街金という呼び方をされることもありません。しかし、大手の消費者金融とは少し違いがあるということを知っておきましょう。

このように、サラ金と街金では、少し違いがあります。しかし、実質的なサービスや内容などはそれほど大きく差はありません。どちらも合法な営業を行っており、サラリーマン以外の方や主婦の方でも気軽に借り入れをすることが出来る業者なのです。

最近は、サービスが普及していて、事務所に直接申し込みをする必要がないことから、街金と意識せず借り入れをする方も多いです。

街金と闇金の金利の違い

街金と闇金の大きな違いとして、「金利の違い」があるといえるでしょう。

たとえば、街金は、ほとんどの街金業者が上限金利が18.0%から20%となっています。これは利息制限法に沿った利息であり、大手消費者金融よりやや高めである程度で、それほど法外な利息というわけではありません。

契約時には、大手の消費者金融よりも同じ程度かやや高めであると考えておくとよいでしょう。

しかし、長期化する場合や、返済回数が多い場合、または一括返済をまとめて行う場合には、負担になってしまうことも多いといえます。

しかし、街金での借り入れでも、少額融資の場合や、短期での完済を考えているという方の場合には、街金で借り入れをしてもなんら問題はありません。また利息などの負担も少ないといえるでしょう。

これに対して、闇金の場合には、金利は法外な金利であることが多いです。

たとえば、闇金で、借り入れをした場合には、「トイチ」であれば、優良闇金であるともいわれています。これは10万円を借り入れた場合には、10日で1万円の金利がつくという計算になります。

また、闇金によっては、10日で3割、または5割という法外な金利の闇金業者も存在します。

実際に闇金がどの程度の金利で営業をしているのかというのは表に出していないので、はっきりした金利は分かりませんが、この程度の金利であるということを知っておくと良いでしょう。

街金と闇金の取り立て方法の違い

前述の通り、街金とは一般的な消費者金融とほぼ同じであると考えておけば良いでしょう。

このため、取り立てに関しても、街金は、悪質な取り立てをするということはありません。これは大手の消費者金融と同じであり、返済が遅れたとしても違法な取り立てをすることはないのです。

もちろん、返済が遅れた場合には、電話や手紙で、督促があります。しかし、今後の返済について話し合いをしたりすることもできます。また、返済が遅れそうであれば、その都度相談が可能ですし、返済日や返済金額を変更することも可能となっています。

もしも、返済が遅れてしまった場合にも、相談をした場合には、利用者の立場に立って考えてくれることも多いです。

しかし、闇金の取り立てでは、直接自宅まで押しかけてきたり、あるいは違法な取り立てが行われることが多いです。

また、返済できない場合には、取り立ては自分自身だけではなく、周囲にも及ぶ場合が多いのです。

たとえば、勤務先まで嫌がらせの電話をかけてきたり、家族なども脅迫をされることも多いです。

場合によっては、暴力沙汰なども考えられます。

精神的に追い詰められてしまうという方も多いといわれています。

しかし、現在では、街金でも違法業者も存在していて、このように、闇金まがいの違法な取り立てを行っている業者もあります。

このため、借り入れの際には貸金業者選びを慎重に行うことが必要であるといえるでしょう。知らず知らずに闇金から借り入れをしてしまわないように注意をする必要があるのです。

闇金の取り立て方法についてのまとめ

闇金対策を専門にしている弁護士・司法書士

闇金対策の専門家 Duel法律事務所

Duel法律事務所

 闇金問題で悩んでいる人は、ここに相談すれば間違えなしです。

リンク先の公式ページを見てもらえばわかると思いますが、闇金のことを知り尽くしてます。

困っている人は絶対に、このDuel法律事務所を頼りましょう。

ウイズユー司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所

 ウイズユー司法書士事務所は、闇金対策を得意とする司法書士さんです。

大阪に事務所があるので、関西方面のひとは、ぜひ頼ってみましょう。

地元の事情に精通しているので、すぐに有効な手段を立ててくれます。

-未分類

Copyright© 闇金相談 , 2017 AllRights Reserved.