闇金対策ガルガル

闇金相談

未分類

闇金への対策方法のまとめ。違法取り立てを撃退しよう

投稿日:

借金の返済に追われていて、新たに融資をしてもらえる消費者金融が見つからない…というケースで、利用されるのが闇金です。
しかし、闇金で一度借りてしまうと、法外な利息を支払わなければならなくなり、余計に借金が膨れあがってしまうことになります。
闇金の取り立ては大変厳しく、精神的に追い詰められてしまうことも多く、夜逃げや自殺などをしてしまうというケースもけして珍しくありません。
闇金から借り入れをしないためには、どのように気をつければよいのでしょうか。
また、闇金の違法取り立てにはどのように対策をすればいいのかなど詳しく見ていきましょう。

闇金の対策は警察に通報するのが良いのか?

闇金とは法外な利息で取り立てをする、違法な金融業者です。
闇金の対策として、違法な取り立てをされた場合には、警察に通報すると良いのかと思われがちです。
しかし、結論から言うと、闇金の対策として警察に通報をしたとしても、必ずしも対策をしてくれるというわけではありません。
警察署では、闇金の被害届を出すことが出来ます。
あくまでも、その際には相談という形ではなく、被害届を出しに来たということで、被害届を出すようにしましょう。
闇金の住所や電話番号、そして闇金の店舗名などを詳しくメモしておき、それを警察に伝えることです。
被害届を出すことで、闇金が自宅に来た場合には、警察が対応をしてくれることもあります。
しかし、警察は24時間、闇金の取り立てをパトロールしてくれるわけではありません。
警察は、何かあったときに初めて動いてくれるといわれていて、基本的には民事不介入という掟があります。
闇金業者は違法ですが、借金の返済自体は民事になります。借金の闇金の取り立てに関しては、警察は介入しにくいといわれている問題なのです。
被害届を出したとしても、ほとんどの場合は、警告という形で、闇金に対して警告をするだけで、初めから逮捕をすることはありません。
警察が動いてくれるのは、何か起こってからとなります。たとえば、暴力を振るわれたり、恐喝をされたりした場合には、それらの証拠を残しておくようにしましょう。
もしも、証拠がなく、言い分だけでは注意に終わってしまうことになります。
恐喝をされた場合には、それを録音しておくなどの工夫が必要です。

法律では、どのような闇金対策が定められている?

深刻な問題となっている闇金の対策として、法律でも、ヤミ金融対策法というものが成立しました。これは、貸金業規制法及び出資法の一部改正法となります。
金融庁でも、貸金業の登録制度を強化することで、悪質な闇金業者が貸し付けを行うことを排除する方向で動いています。
そのほかにも、貸金業登録制度の強化により、本人確認等の義務化などが行われ、さらに厳格な登録審査が必要になりました。
高金利貸し付けや、無登録営業などへの罰則なども厳罰化し、高金利を求める行為そのものも罰則の対象となっています。
また、違法な取立行為などの禁止なども法律で明確化され、厳しく取り締まりをされています。
闇金は、全ての営業が違法となります。これは刑事罰の対象となっていて、闇金事件で検挙される率も高くなっています。
闇金は、貸し付けそのものが違法ですので、高い利息なども一切返済する必要がありません。借金の取り立てを受け、負い目がある方も、返済を続けなくても良いので、法律をまずは知っておくことが必要です。

闇金からの迷惑電話など嫌がらせへの対策は?

闇金からの迷惑電話や嫌がらせなどの取り立てで精神的に追い詰められているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
このような取り立ては実は止めることが出来ます。
元々、闇金というものは、違法な行為となります。高金利でお金を貸し付けることそのものが違法で悪質な行為なので、一切借金を返済する必要はありません。
しかし、払わないという姿勢でいればいるほど、闇金は取り立てで嫌がらせをしてくる可能性があります。たとえば、迷惑電話などの嫌がらせです。
場合によっては、職場へも迷惑電話をかけてくることもあるので、こういった嫌がらせを止めてもらいたいと思っている人も多いでしょう。
もしも、嫌がらせで悩んでいるのであれば、法律相談所に相談をすることが一番であるといえるでしょう。
中でも、闇金対応に長けている法律事務所を選ぶことで、闇金対策をすることが出来ます。できれば実績のあるプロに相談をすることで、法律的に解決をすることが出来るといえるでしょう。

闇金の違法取り立てへの対策は?

闇金の違法取り立ては、自分一人で悩んでいても止まることはありません。
借金の返済で悩んでいるという方は一人でこれらの重圧に耐えきれなくなってしまい、夜逃げをしたり、自殺をしてしまったりします。
どんな多額の借金でも法律で解決をすることが出来ない借金はありません。
もしも、違法取り立てがあれば、すぐに法律相談所に相談をして、債務整理などを検討してみることが大切です。
債務整理をすることで、闇金からの取り立てはピタリと止まることがほとんどです。
また、法律のプロに無料メール相談をしたり、電話相談をするだけでも、取り立てがその日のうちにピタリと止まることも多いです。市役所や警察に相談をしても、民事不介入であるため、対応をしてもらえないことがほとんどです。
取り立て対策をするのであれば、法律のプロである、法律相談事務所にまずは相談をしましょう。

押し貸しへの対策は?

知らない人や会社から身に覚えのないお金が振り込まれていたりすると、それは闇金からの押し貸しである可能性が高いです。
押し貸しは、勝手に銀行口座にお金を振り込み、利息などと一緒に返済を求める行為です。
過去に闇金を利用したことがあれば、狙われやすく、個人情報の名簿が売り買いされていれば、借りたことがない人もターゲットになる可能性があります。
押し貸しへの対策としては、これから振り込みますという電話やお知らせがあれば、即座にその銀行口座を解約するようにしましょう。
電話番号なども変更をしてみることで、闇金がお金を振り込むことが出来なくなってしまいます。
既に現金が振り込まれてしまったという場合には、押し貸しであることは間違いないため、弁護士や法律相談事務所に相談をすることが最善の方法です。
特に闇金被害対策に力を入れている法律相談事務所に依頼をするようにしましょう。
また、押し貸しへの対策として、振り込まれたお金をすぐに闇金へ返済するという方法もあります。
しかし、お金を返済しようとしても、闇金が素直にこれに応じないことは多いのです。

おすすめの方法が、供託制度を使う方法です。

返済するお金を供託所に預けることで、返済をすることが出来ます。

押し貸しとは闇金によくある手口の一つですが、闇金にはうかつに銀行口座などの個人情報を教えないようにしておくことが必要です。

闇金へはどう対処するのがよい?

闇金で悩んでいるという方は、どのように対処すればいいか悩み苦しんでいるという方が多いです。

闇金からお金を借りてしまう背景にはさまざまな事情がありますが、一人で過去を公開してもけして解決することはありません。

夜逃げをして一時的に逃れようとしても、闇金はどこまでも追いかけてくることが多いです。根本的な解決にはなりません。闇金への対処で最も良いのが、法律相談事務所へまずは相談をし、債務整理をする方法です。

法律事務所や司法書士に闇金相談をすることで、闇金は利用者へ手出しをすることが出来なくなります。
闇金業者は、存在そのものが違法なのですから、法律の観点で対応をすることで、闇金は手出しをすることが出来なくなってしまうのです。
闇金に強い法律相談事務所はしっかりとサポートをしてくれるのが特徴で、闇金問題を解決することが出来ます。
借金をチャラにし、生活を一から立て直すことも可能です。
また、闇金は警察に相談をしても、解決することが出来ないケースが多いです。
警察は民事不介入という掟があるため、借金や闇金の問題に関しては介入しづらいのが現状なのです。

闇金の問題で悩んでいるのであれば、警察ではなく、まずは法律相談事務所などに相談をしてみましょう。これは無料相談から始めて見るのでも問題はありません。

闇金対策を専門にしている弁護士・司法書士

闇金対策の専門家 Duel法律事務所

Duel法律事務所

 闇金問題で悩んでいる人は、ここに相談すれば間違えなしです。

リンク先の公式ページを見てもらえばわかると思いますが、闇金のことを知り尽くしてます。

困っている人は絶対に、このDuel法律事務所を頼りましょう。

ウイズユー司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所

 ウイズユー司法書士事務所は、闇金対策を得意とする司法書士さんです。

大阪に事務所があるので、関西方面のひとは、ぜひ頼ってみましょう。

地元の事情に精通しているので、すぐに有効な手段を立ててくれます。

-未分類

Copyright© 闇金相談 , 2017 AllRights Reserved.